Tsuna・Good!

【導入事例】選んだポイントは、”何もしなくても「とれロボ」が応募者対応をしてくれる”

2019.07.02
サービス

株式会社テックス(以下テックス)は、1995年創業。展示会場・コンサート会場・各種イベントの臨時警備や、タレント・要人の身辺警備、施設常駐警備等々、数々の警備実績を誇る警備会社です。創業以来、人と人との密接な関係を第一と考えて取り組んでこられたというテックス。21世紀においても“常に国際社会から信頼される「良き企業市民」として、人や社会が安全で安心できる環境づくりに励んでいます”と信念を貫き、着々と歩み続けておられます。そのような成長の一方で、採用募集をかけた際の「応募者対応」に課題を抱えておられました。採用市場や応募者の生活スタイルの変化により、企業側に求められることも変化しているようです。
株式会社ツナグ・ソリューションズ(以下、ツナグ)のサービスがテックスの抱える課題を解決したポイントとは?採用担当者様にお話をお伺いしました。

導入背景

機会損失をなんとかしたい!応募者対応のスピードが課題でした

弊社だけではないと思いますが、採用募集をかけても希望する人員を簡単に確保することが難しくなってきました。「応募者対応のスピードがポイント」とアドバイスをいただきましたが、採用以外の業務もあり、タイムリーに連絡できないことも多々ありました。また弊社は警備会社なので、夜間の応募も多くその対応スピードも課題でした。

紙媒体が主流だったひと昔前までは、夜間応募者のために電話担当者を置いて対応していましたが、スマートフォンを1人1台持つようになってからはメールやWEB経由の応募が増えました。そうすると夜間応募者へ連絡するのが、翌朝以降になってしまいます。夜間応募者は日中は授業やアルバイトをしている方が多く、1日3回ほど電話をしてみましたが、結局繋がらないまま終わってしまうことが多々ありました。
また休日や大型連休などは応募者対応ができません。出社すると多数の応募者情報を確認し面接設定することがとても負荷に感じていました。こういった機会損失をどうにかしたいと思っていた時に、「とれロボ」を紹介いただき導入することにしました。

選んだポイント

何もしなくても「とれロボ」が応募者対応をしてくれる

もちろん、さぼっているわけではありません(笑)
しかし他の業務もある中、応募者対応~面接設定、応募者管理を行うのはやはり大変でしたので、そこを一括して「とれロボ」が自動で行ってくれるのはとても助かりました。実際年末年始の休暇明けに「とれロボ」を確認したら、50件以上の応募者が面接設定まで完了していてビックリ!効果を実感した瞬間でした。

もう1つは、繁忙期と閑散期に合わせて月単位でプラン契約、変更が可能という点です。採用活動が落ち着いたら休止し、活動スタートしたら再開、という臨機応変に利用できるのも「とれロボ」を選んだポイントです。

ツナグは色々意見を聞いてアウトプットしてくれる

「とれロボ」が新しいサービスということもありますが、使い勝手や操作方法など細かくヒアリングしサポート体制を整えてくれています。こちらの意見を取り入れてシステムバージョンアップをしてくれたりと、とても安心して利用できています。

導入後

当日来場率が約30%も上昇しました

以前は面接設定しても当日来社されない、いわゆるドタキャンが頻発し当日の来場率は50%ほどでした。「とれロボ」は面接前日に応募者に面接情報をSMSとメールでリマインドしてくれるので、来場率が70~80%に上がりました。また担当者と直接やりとりせずに日程変更やキャンセルが可能です。応募者側の都合もあるでしょうから、電話せずに変更・キャンセルできるのは面倒なくメリットなのだと思います。SNS世代にとっては今やそれが自然な方法なのかもしれません。

今後について

SNS世代にあった採用手法の選択や定着施策を

働き方が多様化していく現代で、従来の求人広告出稿だけでは採用が難しくなっています。リファラル採用(友人・知人等の紹介による採用)や給与の支払い方法等、さまざまな工夫が必要だと感じています。また、採用した方が定着できる施策も検討し、「ずっと続けたいな」と思ってくれるような職場創りをしていきたいと思っています。
ツナグが開催したセミナーでもヒントになるようなお話をきけましたので、ぜひお役立ち情報がありそうでしたら、また教えてください。
今後の「とれロボ」アップデートも期待しています!

お話をお伺いしたのは・・・

株式会社テックス
採用ご担当者様

お問い合わせ先

とれロボ事務局
TEL:0800-100-7014
MAIL :torerobo@tsunagu.co.jp