Tsuna・Good!

【社長挨拶】おかげさまで、創業13周年を迎えました

2020.04.01
メッセージ

私達ツナググループ・ホールディングス(前身 ツナグ・ソリューションズ)は
2020年3月26日、13周年を迎える事ができました。
これもひとえに皆様の温かいご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

世の中はまさに今、先行きが不透明な環境にあります。
今までとは違う、世の中が経験したことがない状況だと、様々な方面から聞こえてきます。

ただ、ことビジネス、会社経営という視点にたてば、経験した事がある、何とかなるだろうと見通しがたった苦境は一度もなかったのではと感じます。
リーマンショックや東日本大震災はもちろん、一つのお取引が終わった、一人の従業員が退職する、その度毎に、本当にこの先もやっていけるのだろうかと…。
この節目に振返ってみると、そんな先行きが見えない状況や環境を、一日一日、一つ一つの仕事を、一人一人が積み重ねてきて、今に続いているのだろうと思います。

労働市場という観点から見据えてみると、2030年には「2020年以前、2020年以降」と区分けされる。それほどの激変がまさに今現在に起こっているのではないでしょうか。
リモートワークや副業が進み、雇用の在り方そのものが再構築される。
その背景もあり、就業価値観そのものが変化し、就労者の多様化や働き方の細分化が進む。
採用課題は「何人の人を集めて採用するか」から「定着を進め、何人の活躍人材を創りだすか」へと、そもそもの出発点が変わってくる。

「一日8時間週5日」を組み合わせる“パネル型組織”から、働く人も働く時間もそして働く場所もバラバラなピースを組み合わせて作る“モザイク型組織”へ、劇的に変化すると思われます。
そしてHRテックを中心としたテクノロジーの進化が、その変化を後押しすることでしょう。
私達ツナググループ・ホールディングス、そして各事業会社は、しっかりとその変化に対応し、その変化を牽引する存在となることを目指します。

13周年を迎えたツナググループ・ホールディングスは、この4月1日に仲間となった株式会社GEEKを含め、グループ全14社。約1,000人の仲間たちに支えていただく組織となりました。
多様性を尊重し、尊敬する。そして社会が元気になる。
その一助となるべく、社員一同前に進み続ける所存です。
改めてここに謹んで御礼申し上げますとともに、引き続き変わらぬご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。   

敬具
2020年4月1日
株式会社ツナググループ・ホールディングス
代表取締役社長 米田光宏


プロフィール

ツナググループ・ホールディングス 代表取締役社長 米田光宏(よねだみつひろ)

1969年生 大阪府出身。関西学院大学経済学部卒業後、株式会社リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)入社。 主にマーケティングや商品開発、組織コンサルティング業務を担当。一貫してアルバイト・パート採用領域に関わる。 株式会社リクルート首都圏FMカンパニー企画室長を経て、2007年株式会社ツナグ・ソリューションズ設立。 同社代表取締役社長就任。2017年6月東京証券取引所マザーズ市場へ株式上場、翌年7月に市場第一部へ市場変更を果たす。現在グループ12社へ事業拡大。2019年4月株式会社ツナググループ・ホールディングスに商号変更し、ホールディングス体制に移行(同時に事業会社株式会社ツナグ・ソリューションズを新設)。同社代表取締役社長就任。著書に「Tsuna・Good!社員が走りたくなる8つのしかけ(2010年12月)/クロスメディア・パブリッシング」。

お問い合わせ先

ツナグ・ソリューションズ 広報担当: 川田(かわだ)
TEL:03-3501-0279
MAIL :inq@tghd.co.jp