NEWS / INFORMATION

ツナググループ・ホールディングス

スポットワークの健全な発展を推進、多様な働き方の定着へ向け「一般社団法人スポットワーク協会」を設立  -働く個人と利用企業の保護、資格認定や教育等による品質向上を図る-

2022.02.14
ニュースリリース

 当社は、スポットワークの健全な発展を推進し、多様な働き方の定着とそれによる国民生活の充実に質する存在となることを目的とし、事業者と共に新たに「一般社団法人スポットワーク協会」を設立し、当社代表取締役社長 米田光宏が代表理事に就任したことをご報告させていただきます。

■スポットワークとは
 スポットワークとは、短時間で単発、短い時間と期間だけ働き、「継続した雇用関係」のない働き方を指します。その中でも、雇用契約を結ばない“ギグワーク”と、単期雇用契約を結ぶ“単発バイト”の2種類に分類されます。
 コロナ前300万人に届かなかったスポットワーカーは、コロナ禍を契機に急増。2025年には500万人を超えると予測されます。

■背景・課題
 当社は、フード業界や製造・物流業界、コンビニエンススタッフや介護士、清掃スタッフなどのエッセンシャルワーカーにおける、「募集」「採用」「定着・戦力化」の各段階に応じて、より実践的なソリューションを提供しております。そのうち、スポットワーク募集に特化したサービス「ショットワークス」を初め、コンビニやデリバリーに特化した派生サービスも展開しておりますが、マーケット拡大に伴い、スポットワークをマッチングする事業者が急増。また、求人や労務知見の少ない「非求人事業者」からの参入も増加しています。
 スポットワークという働き方が増加するにともない、働く個人の待遇改善や、個人事業主か労働者か不明瞭なビジネスモデル、短期単発・オンライン上のみでの人材マッチングゆえのトラブル等、多くの課題が存在している現状がございます。

この度、スポットワークプラットフォームを保有する各事業者共同で当協会を設立し、増加傾向のスポットワーク事業者の把握や、働く個人・利用企業の保護等を行うことで、より一層労働市場全体の活性化へ寄与することを目指してまいります。

■一般社団法人スポットワーク協会について

当協会の理念・目的

体制

事業内容
1 スポットワークに関する調査研究及び統計等の作成
2 スポットワークに関する調査研究結果の刊行
3 スポットワークに関する意見の公表及び国会その他関係機関に対する意見の開陳
  労働基準法その他労働関係法令の施行に対する協力
4 スポットワーク業界の調査及び研究並びに広報事業
5 スポットワーカーと雇用者側とのトラブルの防止及び発生時の相談に関する事業
6 スポットワークプラットフォームの規格化と認証、その他適正化関係に関する事業 等

 前述のスポットワークにおける現状の課題に対し、下記①~③の観点から、法整備に向けた政策提言、適正な就業管理等の啓発促進、資格認定・教育等による品質向上・担保に向けた施策を行ってまいります。

■今後の展開について
 当社は、スポットワークのプラットフォーマーの一員として、このスポットワーク協会の活動に主体的に参画し、参画されるプラットフォーマー事業者との協働により、今後益々増加が予想されるスポットワーカーとして働く個人の保護、ならびにスポットワーカーを活用される企業の保護を最重要課題として、事業に取り組んでまいります。

■会社概要
社名:株式会社ツナググループ・ホールディングス
住所:〒100-0006東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町3階
代表者:代表取締役社長 米田 光宏
資本金:688,652千円
従業員数:641名/グループ合計(2021年10月1日現在)
URL:https://tghd.co.jp

本件に関する詳細はこちら

一般社団法人スポットワーク協会

本件に関するお問い合わせ
広報担当:中田(なかた)
MAIL :tghd-info@tsunagu-grp.jp
※新型コロナウイルス感染症予防措置のためのテレワーク対応を実施しておりますので、一次受付はメールでの対応とさせていただきます。