NEWS / INFORMATION

ツナググループ・ホールディングス

【人材不足の北海道、東北の復興・成長支援事業】ツナグ・ソリューションズが「VENTURE FOR JAPAN」に参画し、北海道及び東北6県における企業の人財採用・育成サポート事業を開始

2021.03.11
ニュースリリース

 当社連結子会社で、アルバイト・パートを中心に採用業務代行(以下RPO=Recruitment Process Outsourcing)を展開する株式会社ツナグ・ソリューションズ(本社:東京都千代田区、社長執行役員:御子柴 淳也、以下ツナグ社)と、くりや株式会社(本社: 北海道東川町、代表取締役社長:栗岡 大介、以下:くりや社)は特定非営利活動法人アスヘノキボウ(本社:宮城県牡鹿郡女川町、代表理事:小松洋介、以下:アスヘノキボウ)の「VENTURE FOR JAPAN」事業に参画し、北海道及び東北6県の企業への人財採用・育成サポートをスタートします。同事業への参画を通じ、ツナグ社は創業来培ってきたRPOのノウハウを提供することで東北の復興から成長へ貢献するとともに、人手不足が顕在化する北海道地域での人財事業への取り組みを開始いたします。

■新たな取り組みの背景・目的
 アスヘノキボウは宮城県女川町に拠点を置き東日本大震災で浮き彫りになった地域課題の解決を行ってきました。各種取り組みの中で人材不足という社会課題に悩む東北企業と、社会課題の解決に“やりがい”を見出す大学生とのマッチング事業「VENTURE FOR JAPAN」を2018年にスタート、多くの東北企業と学生の架け橋を創造してきました。くりや社は、北海道東川町に拠点を置き、在留外国人や留学生の就業・就職サポートを行っているほか国内企業に対する成長支援サポートを通じた社会課題の解決を行っています。両社の有する東北・北海道に於けるネットワークを組み合わせ、ツナグ社が有するRPOのノウハウを提供することで、以下の連携を進めて参ります。
 ・北海道・東北地域の企業に対する人財採用・育成サポート
 ・北海道・東北地域の外国人人財の就職サポート
 ・北海道・東北地域の自治体との連携による社会課題の解決

<「VENTURE FOR JAPAN」事業とは>
野心のある地方の中小企業の経営者と、起業家志望の新卒及び第二新卒をマッチングさせ、2年間という期間限定で経営と現場で学ぶプログラム。就職でもない起業でも新たなキャリアの選択肢を創ります。

■会社概要
【株式会社ツナグ・ソリューションズ】
代表者:社長執行役員 御子柴 淳也
所在地:〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3丁目1-16 神保町北東急ビル1F・2F
開業年月日:2007年3月26日
事業内容:アルバイト・パートを中心とした採用コンサルティング業
URL:https://www.tsunagu.co.jp/

【特定非営利活動法人アスヘノキボウ】
代表者: 代表理事 小松 洋介
所在地:〒986-2265 宮城県牡鹿郡女川町女川2丁目4番地 
開業年月日:2013年4月3日
事業内容: 関係人口創出事業、創業支援事業、企業研修事業、人材紹介業等
特定非営利活動法人アスヘノキボウ
URL:https://asuenokibou.jp
VENTURE FOR JAPAN
URL:https://ventureforjapan.or.jp

【くりや株式会社】
代表者:代表取締役社長 栗岡 大介
所在地:北海道上川郡東川町西町3丁目8番14号東川暮らし体験館2号館202
設立:2021年2月9日
事業内容:事業会社の経営・自治体の運営に関する各種コンサルティング
お問い合わせ:info@kuriyaholdings.com

本件に関する詳細はこちら

ツナグ・ソリューションズのRPOサービスについて

本件に関するお問い合わせ
広報担当:川田(かわだ)
Mail:tghd-info@tsunagu-grp.jp
※新型コロナウイルス感染症防止対策に伴い、お電話の受付は控えさせていただいております。