株式会社チャンスクリエイター

採用情報

転換期を迎えているコンビニ業界。人材業界に属する私たちだからできる新しい挑戦。自ら考え、自ら行動することで会社とともに自己成長したい仲間を広く募集しています。

インタビュー

山田 誠さん

2019年10月入社 セブン-イレブン西五反田1丁目東店

新しいビジネスモデルに共感

一般的なコンビニ経営だけでなく、当社で派遣スタッフを受入・教育する場を提供し、スキルアップしたそのスタッフを近隣店舗が活用することで、その店舗の安定運営に寄与するビジネスモデルを提案している事に魅力を感じました。 小売業界の社会的課題の一つである人手不足の解消に貢献できるし、そのようなビジネスモデルが成功すれば、コンビニ業界全体の働き方に影響を与えられると感じ入社を決めました。

挑戦と安心が両立できる働き方

もともとコンビニでバイト経験がありましたが、正社員で勤務して分かったことは、メンバー管理の重要性と責任感。アルバイトが行っている仕事の最終的な責任は社員になるので、その対応を出来るようにならなければいけません。効率的に仕事をできるよう業務を振り分けることが必要です。よりアルバイトとのコミュニケーションを増やし、関係性を良好に保つことを意識して仕事をしています。 当社は、挑戦を応援してくれる社風。入社して間もないですが、売り場管理や発注など難易度が高い仕事も任せてもらえています。人材業界のグループ企業だから、年間休日も125日で福利厚生も優れていると思います。小売業で自分に合った働き方が出来る環境を探している方はぜひ一緒に働きましょう!

寺門 雅史さん

2019年4月入社 セブン-イレブン名古屋栄1丁目店

やりがいは、苦しさを乗りこえたときの快さ

私は入社して3か月で店長を任されました。具体的な仕事は、①行為計画の作成・検証・改善、②売上・利益、経費の管理、③従業員の人材育成と採用、④本社方針の共有・反映、の4つに大別されます。店頭に立ちながらマルチタスクを行うので、とにかくスピードが求められます。1日48時間あればと思ったこともあります(笑)。一方、大変な反面、店舗の業績目標を達成したとき、課題を改善できたときは「達成感」をこえた「快感」が得られるやりがいのある仕事です。

多くの後輩店長を輩出し統括する人材へ成長したい

店舗経営の面白さは、「行為」の数だけ「目標」や「改善」に確実に一歩近づき、それが数字に反映される点。お店に合わせて自分が動くのではなく自分の「姿勢」や「行為」でお店や従業員が変わっていくので自主性が求められます。
当面の目標は、地域のモデル店になること。フェースアップが行き届いた商品が整然と並ぶだけでなく、従業員が自分で仕事を見つけ、教えあい、競争できる店舗運営チームをつくりたいです。 目標達成は店長の努力だけでは達成できません。私の店舗は多数の外国人スタッフが占めるため、目線合わせやコミュニケーションの質向上にも積極的に取り組んでいます。
私個人では、現在の店長という役職にとどまらず、後輩店長の指導・育成を通じて、複数エリアの店長を統括する立場で会社の成長に寄与したいと考えています。